• info@tagai.jp

コミュニティーについて

コミュ

コミュニティーについて

コミュ

弊社もそうであるように、最近はコミュニティーを作りたいといった声をよく聞きます。

コミュニティーという言葉を当たり前に使っていますが、

本当の意味はなにか一度調べてみました。

WIKIPEDIAより抜粋

共同体(きょうどうたい):

  1. コミュニティ英語:community):英語で、「共同体」を意味する語に由来。同じ地域に居住して利害を共にし、政治経済風俗などにおいて深く結びついている人々の集まり(社会)のこと(地域共同体)。日本語では「地域共同体」が「地域社会」をも意味し得たため、転じて国際的な連帯やインターネット上の集まりなども「共同体」あるいは「コミュニティ」と呼ばれる(例:欧州共同体ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体アフリカ連合米州機構東アジア共同体(計画中)、国際航空通信共同体)。地域の共同体であることよりも地域住民の相互性を強調する場合、地域コミュニティとカタカナ表記する場合も多い。
  2. ゲマインシャフトドイツ語:Gemeinschaft):ドイツ語で、「共同体」を意味する語に由来。地縁血縁友情などにより自然発生した有機的な社会集団のこと。共同体組織[1]。共同社会。ドイツ社会学者フェルディナント・テンニースが、ゲゼルシャフトドイツ語:Gesellschaft、機能体組織[1]、利益社会)の対概念として提唱したもの。近代以降の社会や組織の性格を考える上で広く受け容れられている。
  3. 組織の名称の一部として用いられることがある。欧州共同体など。
  4. GREEmixiなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスのにおいて、掲示板に相当するもの。自身で開設でき開設した本人が管理人となり、レンタル掲示板に類似する[2]

 

 

なるほどなるほど。
ただ人が集まるだけではなく、深く結びつく必要があるのか。
どの要素に強い結びつきを求めるかが、時代に応じて変化することもなんとなくわかる。
さらにはWEBというツールによっても新しいコミュニティーの形が続々と生まれていることもわかる。
ここでのWEBはバーチャル世界の中のコミュニティーを強く指しているように感じる。

私は、WEBを活用したリアルのコミュニティー構築こそが最も時代に即し、求められていることだと信じて
ニッチなコミュニティーを構築します。

tagaiworks
tagaiworks